忍者ブログ
ぐるぐるつづる書きため帳・ネタ使うときはお声かけください
1 2 3 4 5 6 7 8 9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

口から煙りが出そうだ
胸の中が痛い
感傷的な意味じゃない
喉の奥がすりきれる

夢見ているし蔑んでいる
甘やかされて息が吸えない
突き放されたら泣きそうになって
飛んで落ちたら死ねると思う

碌に遊んだこともない
泣いてる人を見かけない
テレビは怒鳴るし笑えと責める
似てる子 刃物をふりまわす
PR

沸き立つ泡みたいに
強いものがないんだ
仄かな雨のように
柔いものがないんだ

代わり映えしないか
わるくなるか知らない
愛嬌する気なんか
さらさらないんだ

いなくなるのはとてもこわい
ここに生きるのもどこか寒い
君くらいしか縋れないけど
そっちはどうです僕よりつらい

憂い死にをしたくはない
笑えたなら笑えばいい
ウツクシクは生ききれない
もがけるまで引きずってけ

五時間したら明日だよ
まぎれれない僕らのこえ
開き直ってしまえもう
いがんでる星の上で

くすぶってれば湿んでくよ
指したいんなら失せてくれ
どっかにあれば光ってる
君にでも丁度いいの

無恥なる世界がまわるよ
君がいたら丁度いいよ
引くほど囓る屑もいる
君ぐらいなら生きててくれ

飛ぼ飛ぼ鹿よ
雪夜中
飛べ飛べ鹿よ
夜光橇

決まり文句に空を引け

四つ脚折れず
駆け回る
ふたあつ角も
奮い立つ

鹿はこの夜まいります

飛べ飛べ鹿よ
ひとつ晩
聖なる雄鹿よ
爺はこべ

空を踏みしるべ鹿の脚

とぼとぼ鹿は
森を抜け
赤ら爺さま
して笑う

そしてこの夜が始まった

背を押されては
道を引け
お星の速さで
地をめぐれ

ぐるり人の夜まわる前

飛ぼ飛ぼ鹿よ
雪夜中
飛べ飛べ鹿よ
夜光橇

決まり文句に空を引く

飛べ飛べ鹿よ
星まわる
飛ぶ飛ぶ鹿よ
贈り撒け!

カネ動く盤上
歩くよ空気売り
カミ滑る箱中
あぶくの小売切り



安っぽいライトはくはくと
今日も立つのさ
いち、と、に、さん

薄っぽい板をかつかつと
今日もいくのは
いち、か、に、さん



そうさかけらも見えやしない
削って摘んだ思いだけ

そうはかけらも残りゃしない
映って広がる見目だけ



世中の下ではありますが
嘘っぱち並べたてますが
一寸先やら見えずとも

それでも
灯は
こうこうと



皆々様のお目にかけ
間抜けな吹出し
いち、も、に、さん

皆々様がふいと向き
囃し立てれば
いち、や、に、さん



今日も揺るがせ
いち、に、さん!


days
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
new sentences
(09/26)
(04/08)
(03/13)
(02/19)
(12/17)
it looks for.
comment
me
HN:
ぐみすみ
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
ぼんくら 関西住んでる
AB型 おうし座
人見知りシャイチキン
書くのが好き 読むのも好き

このサイトについては こちら
mail
うれしいので おきがるに
barcode
忍者ブログ [PR]
"ぐみすみ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.