忍者ブログ
ぐるぐるつづる書きため帳・ネタ使うときはお声かけください
9 10 11 12 13 14 15 16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お一人様一パック限りの人生
どうぞご自由にご賞味下さい
食うか腐るか落として割るか
なんなら孵化せよ あんたのもんだ

転び転がり落ちて掴んで
割れちゃいけない卵を守れ

トラップハプニンアクシデント
神様とやらのベタな演出
すんでの所で生きた心地を
神様とやらの思し召しかも

お一人様一パック限りの人生
どうぞ適当にご賞味下さい
食うか食わぬかそれも自由だ
けど忘れんなよ それで最後だ

お一人様一パック限りの人生
自分ら次第に口を出すなよ
食えと腐ると落として割ると
なんだよテメエは 俺の卵だ

アタッククラッシュキャッチでセーフ
奇跡と呼ぶのもお前の勝手

落ちても弾んでまた手の中へ
そんなミラクルたまにゃあるかね

賞味期限は いつまでなんだ
知ったところで まだ残ってる今
今日か明日かも知れないし
記録更新するかもしれない

お一人様一パック限りの人生
思う存分に味わえよほら
買っちゃった以上 食っていただいて
並び直しも もうきかないんで

末にヤバイかいつか落とすか
白と黄色と透明の人生
焦んなくてもじきに腐るさ
その時までに 食えるだけ食えば

落とすも飛ばすも何でも自由
あんたが落とすの止めるのも自由
何でなんてまあ知ったこっちゃない
俺はでっかいオムレツが食いたい

ああ、どうぞ生ある限り、
お一人様一パック限りの人生を!
お楽しみあれ

PR


踏ん張りたくとも足取られ
身を委ねたらもどかしい
むかしむかしのその日から
流れる水の にくらしさ

なるようにしかならぬなら
もっと速く 我が身流せ
どうにだってもできるなら
せめて遅く 流れ落とせ

鉄砲水 大雨で 泥の水 がぶがぶ
滝流れ めのまえ岩 間一髪 どろどろ

どこへ行く?なにをする?
どうするどうなるどうしよう?
聞けど流るる水はまだ
ぬるくふやけて苛立たす
塩っ辛いとわかってりゃ
喉は渇いていくばかり

負けるな 流れて いつかは どこかへ
まだまだ 流れは 果てない ようにも
すぐ 落ちるようにも

…いや この水あまのじゃく
上がるかも

とはいえ 今日の日
まだまだ ゆるりと
流れる この水
そうも悪かないと
耳から 浮かんで
日がまた まぶしい

まだまだ 行くだろ
足つく その日へ

足つく その日まで

なのかのゆうべに川へむかうよ
牛乳みたいな川をわたるよ
じゃぶじゃぶいうけど かまわずいくよ
首を洗って まっていなさい

なのかのゆうべに川でまってる
遠い向こうの先をみている
じゃぶじゃぶいわせて かまわずくるの
乾かす布は もってないでしょう

今日だけゆるしてもらう百年
川をずんずん踏みこえていく
流れる水がね きもちいいんだ
夏の川辺も夜は冷えるね

今日だけゆるしてもらう百年
じいっと見つめる対岸の人
手をのばしては 足がうごくの
前へ前へと冷えた水へと

白い両手を つかまえてみたよ
一年ぶりのさわりごこちだ
硬い両手に つかまってみたの
一年ぶりのあたたかみはね
泣きそうになった
泣きそうになった

辺り一面星の川だよ
いつも隔てる 今日も流れる
川の蛍もちかちかいうよ
いつも黙って 今日は光るよ

なのかのゆうべはふれあうひだよ
さんびゃくにちなど どうでもいいよ
きょうがあるから なんでもいいよ

なのかのゆうべのこいのうただよ
ただお互いに あいしあおうよ
願いないから これだけいうよ
きょうがあるから いきていくんだ


なんだかんだで
ぼくら人間
ジレンマの中で たゆたうしかないもの
どうこうと言って
それが鍵だって
明確になんか 変わるもんでもないです

型になんてびみょうに はまらないかたち
はめようとしても 汗かくだけだし
それよりがんばったら 泣きたくなるだけで
明文化される きもちもなにもないです

名前をつけたら 楽になるなら
つければいいです 山のように積んで
名前をつけても 楽になれないんなら
はずせばいいです 積んだものをならして

なんかのはずみで
あっさりと前へ ころがることもある
なんかのはずみで
あっさりと下へ おちることもある
だけどじれったいほど
何も動かないときだってある
ひびがぴきぴきいって
こわれそうなときもある

飛べやしないけど
ぼくら人間
ぬくぬくぬるま湯を ただようクラゲのワルツ

今よりもっと よくなりたい
ぼくらはもっと 強くなりたい
ぼくらはとっても 弱いから
今よりもっと ましになりたい

弱いもんだけど
ぼくら人間
案外悪くないって 思う瞬間もあるでしょ

飛びたくなっても そこはこらえて
歩けないけど かんしゃくの玉
飛びたくなったら 空を見上げて
鳥も雲も空も
ぼくと同じものあるかもしれない

ころころ変わる心の天気
うがうがもがく自意識のうず
それでいんじゃない
生きてるんだし

安穏の上がおちつかなくても
きっとぜいたくじゃないでしょ
泣きたくなって もがきたくなっても
そうしたいんなら 間違ってはないんでしょ
今がいやなのは
生きてたいってことです

よくなりたいなら
動けばいいです
動けないなら
休めばいいです

どうなるか わかんないし
なんもないか しれないし
どうなってるか わかんないし
なんかあるか しれない

飛びたくなったら 息してください
泣きたくなったら 泣いとけばいいです
まだしんでないので いきれるかもしれない


雨ふり傘 骨折った損
乾く間もなく 僕は行くから

落下傘また 寸で救う益
休む間もなく 君は飛ぶから

青い傘の柄 君に持たせとく
泣いた空から 傘の中まで

赤い傘の絵 その右手まで
泣いた君の目 少し乾けば

青い傘の柄 君の手がゆれ
泣いた君の目 白目あかくて

赤い傘の子 少しほほえむ
青い傘の子 少しなきだす

赤い傘の絵 届いたのかな
青い傘の柄 君投げて損

駆けてくるのを 抱きとめる寸
泣かなくっても 逃げやしないよ

落ちた傘待て 泥ついた損
ふうとやれやれ どちら言おうか

雨の中街 抱き合う番い
落ちた傘まで まるでお話

もう飛ばないでね 軽く笑って
落ちた傘持て 君と歩こう

days
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
new sentences
(09/26)
(04/08)
(03/13)
(02/19)
(12/17)
it looks for.
comment
me
HN:
ぐみすみ
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
ぼんくら 関西住んでる
AB型 おうし座
人見知りシャイチキン
書くのが好き 読むのも好き

このサイトについては こちら
mail
うれしいので おきがるに
barcode
忍者ブログ [PR]
"ぐみすみ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.